株式会社品川鐵工場

第89回全日本自転車競技選手権ロードレース U23

那須ブラーゼン

使用機材

フレーム DEVEL A01
ホイール GOKISO クライマーハブ クリンチャー
タイヤ パナレーサーRace A Evo4
ペダル LOOK KEO BLADE CARBON
サイコン Wahoo ELEMNT BOLT
ギア比 53-39 11-28
ウェア WAVE ONE/KAPELMUUR
サングラス SWANS STRIX H
サプリメント ピクノレーサー

■佐藤宇志選手のレースレポート
第89回全日本自転車競技選手権ロードレース U23
開催日 2021/10/23
開催場所 広島県中央森林公園
Distance 123km
リザルト 30位

この全日本選手権のために、先日の学生選手権が終わってから、実家のある長野県に移動し約3週間、妥協なくトレーニングに集中することができた。全日本選手権の1週間前には、自分でも満足のいく仕上がりになった。広島には、木曜日に移動してきたが、移動後の刺激入れの走行ですら、かなり調子の良さを感じた。

スタートは朝8時。
気温はかなり低く、アームウォーマーとホットオイルを脚に塗ってスタートラインに付いた。最前列からスタートすることがてき、スタート直後の危ない下りを安全にストレス無く消化できた。レースは常にアタックの掛け合いで、ラップタイムも1周17分代で、ほとんどペースが落ちることはなかった。自分は、常に前々で動き続け、自分からはあまりアタックは掛けず、大志と代わる代わるアタックに反応していった。6周目に入ると、1人の選手が抜け出し1分ほどのタイム差を付ける。その追走で、自分を含めた3人が追走集団を形成して、良い速度を保ちながら追走を開始した。しばらくすると、集団から1人がブリッジしてきて、一時追走集団が4人になるも、先ほどまで一緒に走っていた選手がドロップしてしまい、また3人に。前で逃げていた選手を捕まえるも、残り2周のところで集団に捕まり振り出しに。その後は、逃げで脚を使っていたこともあり、集団に付いていくだけになってしまい、最後のスプリントをする余裕もなく、30位でゴールとなった。体重が50~51kgの自分が、3時間のレースで、平均226w、NP274wと全力を出し切ったレースとなった。また、ここまで全力を出し切ったにも関わらず勝てなかったのは、脚の使い方に問題があったと思う。しかし、今回の大会で自分が調子良いことは確認できたので、残り3戦を勝つつもりで走っていきたい。

 

ページトップ

株式会社 品川鐵工場
〒254-0016 神奈川県平塚市東八幡5-10-11

お問い合わせはTEL:0463-21-5855


Copyright (C) Shinagawa Iron Works Co., Ltd. japan All Rights Reserved.