株式会社品川鐵工場

門田選手のレースレポート

Coupe de France Final Tour de Périgord

◼️レース名/ Coupe de France Final Tour de Périgord
◼️コースプロフィール/ 13km×11laps=150km
2kmの登り、そのあと少し下り再び1kmの登り、
そのあとはアップダウンを繰り返すコース
◼️結果/7位

使用機材
フレーム Look Huez RS 785 
ホイール CORIMA
タイヤ  Hutchinson
ステム Contorol Tech
コンポーネント Campagnolo Record 12s 
サドル  Sella Italia SLR
サイクルコンピュータ Leomo Type-S
ギア比 53-39 11-29 (クランク長 175mm)

フランスカップ最終戦でこの成績を出せたことは嬉しいです

序盤は集団の後ろでレースを消化、下りが危険でその後の登り返しで中切れが起きていたので集団内での位置を上げたアタック合戦で、数人の逃げができる、3周目にチェーンが落ちてしまい、一度ストップ、
再びスタートして4周目に入るところで集団復帰、Damian を含む追走集団ができていて、集団のペースは安定していた、15人の逃げができてからは追走のアタックに気をつけて走った、集団は周回ごとに小さくなっていき、コントロールするチームはなかった、再びアタック合戦になり、登りでできた追走集団に入ったそこからは脚をなるべく使わないようにして、最終盤に備えた、残り2周で、ニースの選手がアタック、このタイミングでボトルを取りにいっていたので、反応が遅れてしまう、しかもボトルは取れず、4位争いの追走を逃し、後ろはローテーションするもあまりペースは上がらず、ラスト1周に入り、最初の登りの麓でアタック、追走の40秒差を登りで詰めようとしたが、10秒足りなく、追いつけなかった、あと50mだった後ろから来た3人の集団に吸収される、常に見えている状況だったが、なかなかつまらず、ラストの登りでアタックして飛び出す、最後の平坦で一気に差を詰めて残り300mで追いついたが、それと同時にスプリントが始まり、4位を取ることができなかった、結果的には7位でゴールした。8月は調子を落としていたので、フランスカップ最終戦でこの成績を出せたことは嬉しいです、調子は良くなってきたので、ここからシーズン最後までいい成績を残せるように頑張ります!

ページトップ

株式会社 品川鐵工場
〒254-0016 神奈川県平塚市東八幡5-10-11

お問い合わせはTEL:0463-21-5855


Copyright (C) Shinagawa Iron Works Co., Ltd. japan All Rights Reserved.