株式会社品川鐵工場

インカレロードレース

那須ブラーゼン

使用機材

フレーム DEVEL A01
ペダル LOOK KEO BLADE CARBON
サイコン Wahoo ELEMNT ROAM
ギア比53-39 11-28 
ウェア Champion System
サングラス SWANS STRIX H
サプリメント ピクノレーサー

■佐藤宇志選手のレースレポート
インカレロードレース
2021年8月22日 群馬サイクルスポーツセンター

インカレは、大学生選手にとって集大成とも言えるレース。
絶対に勝ちたいタイトルの1つだ。

スタートが予定より30分遅れて、180kmから150kmに短縮になった。サバイバルな展開に持ち込みたい自分にとって、少しがっかりな変更になってしまった。レース序盤は、大志を含めたチームメイト達が前々で対応してくれていたので、自分は勝負所の後半に向けて集団中程で、脚を使わずに展開することができた。しかし、4周目頃に大志が下りでチームメイトと落車。そこから自分達のチームは2人だけになってしまい、ここからは自分も積極的に集団前方で対応していった。10周が過ぎたところで、有力勢が多く乗った逃げに乗ることができた。勝ち逃げになるかと思ったが、5周したところでメイン集団に捕まってしまった。そのカウンターでチームメイトの後輩が乗る3人逃げが数周逃げる展開に。ここで自分は脚を休めることができた。

残り5周でこの逃げは吸収され、自分を含めた3人逃げに。ここに追走が追いつき12人の集団で最終周回へ。しかし、この集団には強力なスプリンターがまだ残っており、勝つなら心臓破りの坂でかけるしかないと思い、そこでアタック。一時は抜け出すことに成功したものの、その後のアップダウン区間で1人の選手に追いつかれて牽制が入ってしまい、集団に追いつかれて結局10名でのスプリントに。最後は他選手と接触して後輪のスポークが折れてしまい、もがききれずに8位でゴール。ゴールした直後は勝てなかったショックが大きかったが、自分の全力は出せたのではないかと思う。

 

ページトップ

株式会社 品川鐵工場
〒254-0016 神奈川県平塚市東八幡5-10-11

お問い合わせはTEL:0463-21-5855


Copyright (C) Shinagawa Iron Works Co., Ltd. japan All Rights Reserved.