株式会社品川鐵工場

門田選手のレースレポート

フランスパリカップ(6月11日〜13日)

2日目までは総合1位の
リーダージャージを纏う活躍!!

6月11日から13日にフランスで開催された3日間のステージレース「パリカップ」で、当社サポート選手のラポムマルセイユ所属の門田祐輔選手が、なんと総合8位の好成績をおさめてくれました。なんと言ってもすごいのが、2日目までは総合1位のリーダージャージを纏う活躍までしてくれたのは、予想以上のものでした。このまま順調に成績を残していただき、来シーズンはコンチネンタルチームにステップアップ、そしてパリオリンピックを目指して頑張ってもらいたい!
当社も全面的にバックアップしたいと思っております。

「パリカップ」6月11日

◼️レース名/
Coupe de France Boucles de Printemps St1
◼️コースプロフィール/ 130km+10km×2laps
平坦基調のステージ
◼️結果/ ステージ5位  総合5位

使用機材
フレーム Look Huez RS 785 
ホイール CORIMA
タイヤ  Hutchinson
ステム Contorol Tech
コンポーネント Campagnolo Record 12s 
サドル  Sella Italia SLR
サイクルコンピュータ Leomo Type-S
ギア比 53-39 11-28 (クランク長 175mm)

チームオーダー 
基本的には最後のスプリント勝負。もし10-15人の逃げがあれば反応すること、

レース内容
約3時間アタック合戦が続く、小さな逃げはできるも、差が広がらず、大きい逃げには反応していく感じ、調子は良く感じた、残り30kmで9人で抜け出す、タイミングと集団が少し疲れてきたのが重なって抜け出すことができた、そこからはこの9人での勝負に残り10kmの登り坂で一度揺さぶりアタック、吸収されてからもう一度残り5kmぐらいでアタック、これは全力で行ったが再び吸収、そのあとはスプリント勝負へ。残り250mでスプリント開始、開始するのが少し早かったかなと、結果的に捲られてしまい、5位でゴールした
 


「パリカップ」6月12日

◼️レース名/
Coupe de France Boucles de Printemps St2
◼️コースプロフィール/ 100km+7km×5laps=135km
アップダウンを繰り返すコース
小周回には1kmの登りとゴール前500mに登りがある
◼️結果/ ステージ4位 総合1位

使用機材
フレーム Look Huez RS 785 
ホイール CORIMA
タイヤ  Hutchinson
ステム Contorol Tech
コンポーネント Campagnolo Record 12s 
サドル  Sella Italia SLR
サイクルコンピュータ Leomo Type-S
ギア比 53-39 11-28 (クランク長 175mm)

チームオーダー
総合の順位を下げないこと、タイム差を失わずにゴールすること。勝負は最後の小さな周回に入ってからそこまでは力を貯めること

レース内容
序盤からアタック合戦。30km地点で集団落車に巻き込まれて自転車を破損、代車に乗り換えてすぐにリスタートした。しかし代車のサイズが違ったためすぐには集団復帰ならず、約50km地点で集団に復帰。すでに12人の逃げができており、集団は落ち着いていた。80km地点からメイン集団でも動きが活性化し、集団は徐々に小さくなっていった、ここで線路が閉まるというフランスらしいハプニング、逃げはなくなりまた1からのスタートになった。小周回に入り、チームメートを含む10人超の逃げができる、しかし決定的な差にはならず、残り3周に入り、総合2位の選手がアタック、総合リーダーを含む強力な7人前後の逃げができる。ここで慌てて追わずに他の選手たちに追わせ、再び1つに残り2周の登り坂でアタック、あまりキレのいいアタックではないと思ったが、4人で抜け出すことができた、残り3km地点でアタックがあり、2人ずつに分かれてしまうも、最後はなんとか4秒差で集団から逃げ切り、リーダージャージを獲得することができた


「パリカップ」6月13日

◼️レース名/ Coupe de France Boucles de Printemps St3 個人TT
◼️コースプロフィール/ 17km 3km地点に登りが二つ続く、そのあとは平坦
◼️結果/ ステージ44位 総合8位

使用機材
フレーム Look Huez RS 785 
ホイール CORIMA
タイヤ  Hutchinson
ステム Contorol Tech
コンポーネント Campagnolo Record 12s 
サドル  Sella Italia SLR
サイクルコンピュータ Leomo Type-S
ギア比 53-39 11-28 (クランク長 175mm)

チームオーダー 
総合リーダーを守ること

レース内容
スタートしてからあまりいい調子ではなかった。登りもあまり良いテンポでは登れなかった、下りでサドルがずれてしまい、その後の平坦区間は苦しい時間が続いた、なんとか残り5kmから良くなり始めたが、結果的には総合リーダーを失ってしまった。
 


ページトップ

株式会社 品川鐵工場
〒254-0016 神奈川県平塚市東八幡5-10-11

お問い合わせはTEL:0463-21-5855


Copyright (C) Shinagawa Iron Works Co., Ltd. japan All Rights Reserved.